マンスリーカンポー Back Number
マンスリーカンポー
« 2018年冬号 2019年春号
ビタミンDって実はスゴイ!?
2019年夏号 »

「ビタミンD」と聞いて、カラダにどんな働きがあるかご存知でしょうか?一般的には「骨」に効果があるビタミンと答える方が多いと思います。でも実はもっと色々な働きをビタミンDはしているんですよ!

脳の働き
脳神経の保護や増殖調整を行っていて、自閉症やうつ病、認知症にもビタミンD不足が関連しているという研究報告もあります。

免疫力
ビタミンDは「免疫調節ホルモン」という別名があるくらい免疫バランスに大きく関わっていることが明らかになっています。ビタミンDをしっかり摂れている人はそうでない人と比べるとインフルエンザの発症率が42%も少ないという結果が国内の研究でも出ているんですよ。この時季に厄介な花粉症にも効果が期待できますので意識してみてくださいね。

女性にも大切
ビタミンDが不足するとPMS(月経前緊張症)や子宮内膜症の発症率が高まったり、不妊症の原因を作ることにもなっているようです。特に妊娠に関しては子宮内膜の環境や着床においても深くかかわっていて、習慣性流産(不育症)とビタミンD不足が関係しているという研究報告もあります。また、胎児の成長にも必須の栄養素なんです。

その他
その他にも「ガン」「糖尿病」「アトピー」「喘息」「潰瘍性大腸炎」などの疾患にも因果関係があると云われています。

 

いかがですか?とっても重要なビタミンだと思いませんか?これが、日光(紫外線)を皮膚に充てることで作られているんですよ!また、キノコ類や小魚にも多く含まれていますので日々の食事にも気を付けてください。今ではビタミンDサプリメントもありますので上手に活用してみてください。(飲み過ぎには副作用もありますので気を付けてくださいね)

バックナンバー一覧へ
このページの先頭へ