マンスリーカンポー Back Number
マンスリーカンポー
« 2016年秋号 2016年冬号
[冬の季節の養生]
2017年春号 »

冬の季節はお好きですか?冬の楽しみ方はたくさんありますが、寒い中に温かさを感じるととても幸せな気持ちになれますよね・・・

漢方では「冬の三カ月を閉蔵という」と書かれています。「蔵を閉めておく」つまり冬は「放電」しないで、しっかりと「充電」しておかないと、春にバッテリー切れになりやすいから気を付けようね。という意味です。

冬は厳しい寒さで陽気が抑えられ、陰気が盛んになる時期。万物が静かに落ち着いている「陰」の季節にあたります。活発な活動でエネルギーを消耗することは避け、「蓄える」ことを第一にゆっくり過ごす時期、「少し早く眠り、少し遅く起き、日が昇ってから起きる」ことで自律神経が乱れないように過ごしましょう。

五行学説で考えると冬は「」にあたるため、腎を養うことも大切です。腎は生命を維持するエネルギー源「」を蓄えている器官。腎の働きが活発であれば生命力も強くなり、元気に冬を乗り切って笑顔あふれる春が迎えられますよ。

漢方薬では、六味地黄丸・八味地黄丸・牛車腎気丸・滋腎通耳湯など「」の働きを良くする漢方薬がいろいろあります。冬に体調を崩しやすい方、春を元気に迎えたい方は「補腎」の漢方で体調を整えましょう!!

バックナンバー一覧へ
このページの先頭へ