漢方専門 福の樹薬局 お店のご紹介 石川認定ブランド製品 天木森(てんこもり)
漢方専門 福の樹薬局

ようこそ、漢方専門 福の樹薬局です。石川県白山市より健康と笑顔の種まきをお手伝いする漢方専門薬局です。

初めまして、漢方専門 福の樹薬局です。
2010年11月に石川県白山市に誕生いたしました。

福の樹薬局の薬剤師は、お客様ひとりひとりの「健康」をサポートし、「笑顔」を招くお手伝いをさせていただきます。

オンライン予約
漢方相談とこだわり
お店のご紹介
よくあるご質問
福の樹 招福ブログ
マイベストプロ コラム連載中
今月の漢方薬

前回は「配糖体」についてお伝えしましたが、糖質の過剰摂取によって漢方薬が効きにくくなるかも?というところで終わりました。今回はその続きです。

配糖体」とは「有効成分+糖」で出来ているというのが前回の説明でした。この糖を欲しくて腸内細菌は配糖体を分解するので人体には有効成分が吸収され薬効が出るんですね。でも、腸内細菌にも美味しいものを好む性質があります。イメージとしては口の中に入れた途端甘さが口いっぱいに広がる食べ物と100回噛まないと甘くならない食べ物だとどちらを食べたいですか?きっとすぐに甘さが広がる食べ物の方をまずは食べたいですよね。これと一緒です。

日頃から糖質を多く摂り過ぎていると小腸から吸収されなかった糖は腸内の悪玉菌やカビの菌のエサとなってしまいます。これにより悪玉菌が増えると善玉菌の勢力は抑えられてしまいます。ここに漢方薬が入ってきても漢方薬の配糖体を分解しようとはせず、目の前のすぐに美味しいと感じる糖質を食べてしまうんです。そうなれば、漢方薬の成分は腸から十分に吸収できずその結果、漢方の効果が落ちるということは明らかですよね。

漢方薬の服用が「食前 又は 食間」となっているのは、まさにこれを意味しているんですね。せっかく飲むからには効果が出て欲しいですもんね。漢方薬で少しでも早く効果を実感したい方は、しばらく糖質を控えめにすることをお勧めします!!


天木森(てんこもり)|お肌にやさしい入浴水

天木森(てんこもり)

能登ヒバエキスと奥能登珠洲産木酢液(日本木竹酢液認証協議会認証)をブレンドした、これまでにあるようでなかったお肌にやさしい入浴水。天木森を使うと、お風呂のあともポカポカです。また、お湯をなめらかにしてくれるのでお肌にやさしく、しっとり包みこんでくれます。
「福の樹」の由来

福の樹薬局ロゴ

「福の樹」の由来は、禅の言葉「大蔭涼樹」(臨済録)よりいただきました。「天下の人のために蔭涼と作(な)らん」からできた言葉ですが、暑い日は木陰をつくり、風雨のときは宿り木としてお客様の役に立ちたいと思っております。

健康にも日照りや風雨にさらされることがありますよね・・・

そんな時はどうぞ「漢方専門 福の樹薬局」で心身が癒えるまでの間、あなたとの御縁をいただけたらと思います。

福の樹薬局について

〒924-0822
石川県白山市みずほ2丁目8-8 [MAP]
TEL&FAX:076-227-9341

営業時間:9時30分~18時30分
定休日:毎週水・日曜

駐車場:2台分あります


開局応援メッセージ


漢方専門 福の樹薬局
伊藤 宏樹様

伊藤さんこの度は、福の樹薬局ご開局、誠におめでとうございます。北陸大学薬学部・東洋医薬学教室、卒業された方のご活躍を大変うれしく思います。

この度、伊藤さん念願のご開局の運びとなりましたのも、お二人が当教室で真面目に真剣に学び、その後の店頭実務体験によって獲得された、豊富な知識と経験に裏打ちされてのことと考えます。

お二人がそのお力により、漢方の持つ良さをフルに発揮することで、地域に信頼され、愛される「福の樹薬局」となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

北陸大学 薬学部 医療薬学 東洋医薬学 劉 園英
2010.10.5

 

このページの先頭へ